教区長挨拶

 

ご 挨 拶

 

~「他人の幸せを本気で考えることのできる人間を、納得づくで増やしたい~

金剛禅総本山少林寺では、宗門の行である少林寺拳法(易筋行)を主行として、鎮魂行、法話、作務といった日常の修行を通して、「自己確立」「自他共楽」を目指し、社会に役立つ人間を一人でも多く育てようとしています。

易筋行である少林寺拳法は、単なる武道やスポーツではない「人づくりによる国づくり」を目指し日々修練しています。 その本質は、決して技術の優劣を競うものではなく、自己変革を目指すための手段として老若男女を問わず、三重県内の各道院において多くの門信徒が修行に励んでいます。

現代の日本では、義務を果たさず権利を主張するといった利己主義的な考え方が蔓延しつつあります。 私たち金剛禅門信徒は、そんな世の中の風潮に流されることなく、自分というものをしっかりと自覚し、他者の存在を認めながら開祖の目指した自他共楽の道を歩むべく日々努力しています。

金剛禅の目指す理想境をこの世に実現するために、私たちは、日々の修行とさまざまな活動を通して、自己研鑽を重ねていく所存です。

そして、たくさんの方々との法縁(出会い)を楽しみにしております。

金剛禅総本山少林寺 三重県教区

 教区長 中山文夫


 

プロフィール

  • 金剛禅総本山少林寺 三重千種道院 道院長
  • 専門学校 禅林学園 少林寺拳法武道専門コース 教員
  • 少林寺拳法ナショナル考試員・審判員
  • **
  • **