理事長挨拶

 

合掌

2013年に「三重県少林寺拳法連盟」理事長として就任しました三宅耕三(西桑名道院拳友会)でございます。就任当初は、まさに少林寺拳法機構改革の最中で、名実ともに伸るか反るかを迫られる状況にある道院・支部も少なくありませんでした。そんな中、三重県では、課せられたハードルを其々の努力と甲斐性で見事に乗り越え、機構改革の趣旨を全うし現在に至っています。

東京オリンピックを控える近年、世界では日本人の10代をはじめとする若い選手の活躍が我が国を熱く感動させてくれている一方で、熊本県を中心とする大地震が発生し、東日本大震災につづき、多くの被災者が今なお苦しい日常生活を送っているという現状を重く受け止めなければならないと思います。

少林寺拳法の目的に、半分は自分のこと、半分は他人のことを考えるという言葉があるように、既に行動し、現代社会の模範となるよう実践している拳士たちがいるということに、私たちは、敬意と感謝の意を表したいと思います。

これからも、地域に根差した少林寺拳法の活動を心がけ、一人でも多くの人々に親しまれる少林寺拳法を目指し、活動をしていくことをお誓い申し上げ、ご挨拶といたします。

結手

三重県少林寺拳法連盟

理事長 三宅耕三

 


 

プロフィール

  • 0000年00月 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
  • 0000年00月 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
  • 0000年00月 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
  • 0000年00月 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
  • 0000年00月 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
  • 0000年00月 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
  • 0000年00月 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
  • 0000年00月 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
  • 0000年00月 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
  • 0000年00月 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
  • 0000年00月 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□